POSTS / 連載カレー

連載カレーとは

カレーが1ミリでも入っていれば
なんとかなる的なショートストーリー

(いい大人が妄想してすみません)


「たとえば」

「ふむ」

「初チューの味がカレー」

「それはやばい」


そんなこと言いながら、

わけがわからないほど笑えるところとか、

試してみようなんて言わないけれど、

夜にカレーだしてくるところとか、ほんと好き。


――――――――――――――――

【連載カレーとは】

カレーが1ミリでも入っていればなんとかなる的なショートストーリー

いい大人が妄想してすみません

だめだ、もう、口のなか、鉄の味してきた。
両腕のそと側、栄養が、ぜんぶとんでふるえてる。
にしても、なんで俺こんな、走ってん、だろう。



「だって私に勝てるところ、ないでしょ」
「いや、ばか。おまえばか」
「あるに決まってんだろ」
「たとえば」
「体力とか」
「タイリョク」


 あーもう、
 すっげー思い出してきた。あの笑いかた。


「じゃあ学校一周とかいいじゃん。私が勝つけど」
「わかった、とりあえず着替えて北門な」
「え、いまから?」
「一秒でも早くおまえを見下したいの。俺は」


よっつめの、カーブ。一塁を蹴るような、ターン。


だめだ、昼に食った、
カレー、出てきた。鉄カレー味。
最後の最後で、この坂かよ。
誰だ、コース決めたのは。俺か。
あと一歩、こいつ、より、前に、出れば、
手ぇ、つなげたり、あれ、なんで、
こんなこと、いま。


「あああああっ」




ひろげた手足が、
汗と一緒にアスファルトで焼けていく。
とまらずにしたたるその雫のように、こぼれる。


「息あがってるよ」


見上げた顔は、
逆光のせいで白い歯しか見えなくて、笑えた。


――――――――――――――――

【連載カレーとは】

カレーが1ミリでも入っていればなんとかなる的なショートストーリー

いい大人が妄想してすみません